フォトフェイシャルは保険適用外の医療行為

フォトフェイシャルは保険適用外の医療行為であり、費用は全て自己負担となるため、値段は高めの設定となっています。

1万円から5万円の施術費用が、フォトフェイシャルではかかるといいます。

お肌のコンディションは人によって異なります。
銀座カラー 名古屋エリア

そのため、一度の施術で終了する人もいますが、繰り返し受ける必要がある人もいます。

美容効果の高いクリニックの施術には様々なものがありますが、その中でもフォトフェイシャルは注目されています。

肌の若さを取り戻すことが可能な光を皮膚に浴びせることで美白効果を高める方法が、フォトフェイシャルの基本となりすま。

フォトフェイシャルはレーザーとは違い一度で大きな変化は出ない代わりに、毛穴や美白、しわやシミなど複数の悩みを一度に解決できる方法です。

フォトフェイシャルは、レーザーを使った治療と違って、しみの濃い部分をたちどころに消すような効果もなく、かさぶたができたりもしません。

フォトフェイシャルですが、皮膚科で受けるときには、医師が施術を行うため、医療行為となります。