ピーリングを施すことで

ピーリングを施すことによって、皮膚の一番外側に残っていた古い皮膚を剥がしとり、新しいきれいな皮膚を表に出します。

お肌の新陳代謝が活発になることによって、くすみや、しみを取り除くことができます。

ハイドロキノンやトレチノインは漂白作用に優れており、メディカルエステでは外用薬として処方されています。

銀座カラー 立川北口

メラニンの働きを弱める事が可能であるため、継続的に塗布することで美白を手に入れることができます。

お肌を白くみずみずしい状態にするために、メスを用いた美容手術ではなく、レーザーを皮膚にあてるという簡単な施術が受けられます。

皮膚の白い部分には反応せず、メラニン色素だけに反応する光を用いることで、黒かった部分はかさぶたができて体から落ち、残った部分の皮膚は細胞の働きが活発になります。

この頃は、再生医療の応用で、お肌に必要な成分を時間をかけて与え続けるような施術も行われており、メディカルエステに関する技術はどんどん便利になっています。